新着記事

お知らせ・寄稿(13)

お薦め・お誘い(10)

無機材会会報(0)

総会・講演会(24)

支部活動(26)

見学会(19)

企業セミナー(6)

表彰関係(2)

同級会(4)

Archives

見学会

印刷する

2019年度工場見学会(バスツアー)報告

集合写真NSC

koji


2019年度工場見学会(バスツアー)報告

DIC株式会社総合研究所と日本製鉄株式会社君津製鉄所

令和元年924()

恒例の無機材会による工場見学会を924()に実施しました。本年度は,DIC株式会社(旧社名:大日本インキ化学工業)と日本製鉄株式会社のご好意で,総合研究所と君津製鉄所を見学させていただきました。参加メンバーは学部学生/修士学生20 + OB14名の総勢34名で,朝830分に大岡山の西9号館前,講堂脇に集合し,貸切バスで千葉県佐倉へ向かいました。当初,懸念されていた道路の渋滞も環状七号だけで,後は順調に首都高速に入り,東京タワー,レインボーブリッジから,来年開催されるオリンピックの選手村,豊洲市場,お台場を眺めながら,DIC社総合研究所にスケジュール通りに到着しました。途中,バスの中では,学生の研究内容などの紹介,OBには学生に将来のイメージをもってもらうために卒業後の経歴を披露してもらいました。

最初の見学先,DIC社の総合研究所は,有名なDIC川村記念美術館を併設していますが,今回は時間の関係で残念ながら美術館を見学に組み入れることができませんでした。創業時の印刷インク事業から発展してきたDIC社は伝統的な窯業関連の会社ではないので,会社説明に新鮮さを感じた方も多かったのではと思います。見学は電子顕微鏡をはじめ分析装置がメインでした。見学後は,無機材関連のアルミナの研究成果の報告があり,学生,OB共にたいへん好評でした。

時間の関係から,次の訪問先の君津へは車中でお弁当を食べながらの移動となりました。これもバスの運転手さんの技量もあって,予定通りの君津製鉄所への到着となりました。

君津テクノロジーセンターで,この4月に新社名となった日本製鉄のビデオを見た後,天皇陛下が製鉄所を訪問された時に作られた高炉の全体が見渡せる「お立ち台」で高炉の説明を受け,次いで連続鋳造の鋳床まで長い階段を上りました。その後,厚板の圧延見学では,つぎつぎ延ばされていく鋼片をみて,ダイナミックな製造現場に特に学生は感激したようです。

見学後の交流会を,君津製鉄所に隣接する技術開発本部横の社員クラブで行い,日鉄のOBも交えて,和気あいあいとしたコミュニケーションの場とすることができました。

帰りは,アクアラインを通り,夜の羽田空港を右にみて,これも予定通りに川崎駅経由,大岡山駅前まで戻ることができました。

観測史上最強クラスの台風として,99日に千葉県に上陸した台風15号の影響が残る中,無事,無機材会の工場見学を行うことができたこと,あらためて,DIC株式会社,日本製鉄株式会社の関係各位に感謝いたします。

DIC 研究所 集合写真

DIC株式会社 総合研究所前にて

NSC 工場見学 集合写真

日本製鉄株式会社君津製鉄所 君津テクノロジーセンター前にて

(文責 高橋達人)




キーワード